◆寺院境内の石仏


入船地蔵尊境内の石仏 
入船地蔵尊境内の石仏 

  六体地蔵尊及び如意輪観世音菩薩」

【六体地蔵菩薩】○地蔵菩薩は、本地阿弥陀如来の化身として、釈迦如来の御付属を受け給い、身をあまねく六道に居して天上界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の隅々まで一切衆生を教化せられる大慈大悲の願王尊、我等娑婆世界、有縁の大導師、右手に錫杖、左手に宝珠を持ち給い、衆生の苦を抜き、楽を与え給う菩薩様として、至る所にその慈悲のお姿を拝むことができます。

【如意輪観音】(中央)○如意輪観音の如意とは、如意宝珠(チンターマニ)、如意輪観音の輪とは輪(チャクラ)の略で、如意宝珠の三昧(定)に住いして意のままに説法し、六道の衆生の苦を抜き、世間・出世間の利益を与えることを本意とします。如意宝珠とは全ての願いを叶えるものであり、法輪は元来古代インドの武器であったチャクラムが転じて、煩悩を破壊する仏法の象徴となったものであります。六観音の役割では、天上界を摂化するといわれております。如意輪観音の名前の由来は、手に持つ道具にあります。右手に如意宝珠(にょいほうじゅ)、左手に法輪(ほうりん)を持ちます。それぞれの名前を取って如意輪です。如意宝珠は大きい水滴のような形をした玉で、あらゆる願い事を叶えてくれる宝という意味があります。   また、法輪は車輪のような形をしており、煩悩を破壊する様子をあらわしたものとされております。


入船地蔵尊境内の石仏 

                   【子安地蔵尊】  

 子授け・安産・子育て(子供の無事息災、子供の健やかな成長)の祈願に応える子安地蔵尊です。日本においては、浄土信仰が普及した平安時代以降、極楽浄土に往生の叶わない衆生は、必ず地獄へ堕ちるものという信仰が強まり、地蔵に対して、地獄における責め苦からの救済を欣求するようになりました。そのお姿は出家僧の姿が多く、地獄・餓鬼・修羅など六道をめぐりながら、人々の苦難を身代わりとなり受け救う代受苦の地蔵菩薩とされておりました。際立って子供の守護尊とされ「子安地蔵」と呼ばれて子供を抱く地蔵菩薩もあり、小僧姿も多くあります。また、賽の河原で獄卒に責められる子供を地蔵菩薩が守る姿は、中世より仏教歌謡「西院河原地蔵和讃」を通じて広く知られるようになり、子供や水子の供養において地蔵信仰を集めました。関西では、地蔵盆が子供の祭りとして多く扱われております。

 

入船地蔵尊境内の石仏 

                    【魚藍観音】                        手に魚篭を持つ魚藍観音は、羅刹や毒竜・悪鬼の害を除く功徳がある観音様と言われております。  この観音様は、中国で生れた観音菩薩の一つで、同じ三十三観音のひとつである馬郎婦観音と同体ともされております。中国唐の時代に、魚を扱う美女がおり、観音経・金剛経・法華経を暗誦する者を探し、めでたくこの3つの経典を暗誦する者と結婚しましたが、まもなく没してしまいました。この女性は、法華経を広めるために現れた観音様とされ、以後、馬郎婦観音「魚籃観音」として信仰されるようになったといわれております。この観音様を念ずれば、羅刹・毒龍・悪鬼の害を除くことを得るとされております。形象は、1面2臂で魚籃(魚を入れる籠)を持つものや、大きな魚の上に立つものなどがあります。

 




入船地蔵尊境内の石仏 

【 渡 海 文 殊 菩 薩 】

 こちらの渡海文殊菩薩(知恵仏)は、獅子の背に乗り雲海を渡って説法の旅に出られる姿を現したものと言われております。文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の智恵」の諺があるように数ある中で智恵を代表する仏様とされています。文殊の智恵は、単に勉学による智識の智ばかりではありません。その「智」は、人間が日々生活をしてゆくために必要な全般の「智」のことをさすといわれています。文殊菩薩は、独尊として祀られ信仰されている場合もありますが、釈迦如来を中央にして、釈迦の智恵を受けもつ文殊を右に、慈悲の普賢を左に配した釈迦三尊と名づけられた姿の像も多くみかけます。それ以外にも文殊菩薩が善財童子などを従え、はるばる海を越えて日本に渡ってくる様子を描いた渡海文殊と称される姿の像もよくみかけます。


◆越後・佐渡の石仏 (平成10年出版 : 著者 石田哲弥)

 [文殊菩薩]  新潟市  

 「知」を静かにさとす

   「三人よれば文殊の知恵」と言われるように、文殊菩薩は「知恵の仏」として知られている。

   新潟市本町十四番町の浄信院、通称「入船地蔵」さんの境内に文殊菩薩が獅子の背に乗り、静かに瞑黙をしている姿があった。

 石造りで高さはほぼ八十センチ、左手に経巻、右手には膝上で何かを握っていたらしい穴があり、剣か蓮華を持っていたものと思われる。

  "知恵は獅子に乗り、海の彼方からやってくる゛という「渡海文殊」といわれている文殊菩薩と推定される。

   文殊菩薩は本来、慈悲を表す普賢菩薩とともに釈迦の脇侍として祀られている場合が多く、単独で造立されているのは大変珍しい。

   三尊仏には、釈迦三尊のほか、薬師三尊、阿弥陀三尊などがあるが、主尊の性格は、以外にもこれら脇侍が具体的に語っているといわれ

  ている。例えば、釈迦三尊は文殊菩薩の「仏の知恵」がまず主張され、次いで普賢菩薩の慈悲から゛仏法の知恵を学ぶことこそ重要であり、

  その本質は慈悲である゛と説いているのではないかと想像される。

   ところが、現実には阿弥陀三尊が圧倒的に多い。阿弥陀三尊の脇侍は、観音・勢至菩薩であるから、まさに「慈悲」そのものを表現してい

  ると言えよう。

   結局、庶民は仏の知恵を学ぶことにより、釈迦を超人化し、その化身である阿弥陀如来の「慈悲と救い」を頼り、信仰してきたということであ

  ろうか。

   「入船地蔵」 さんには、千体を超えるお地蔵さんが祀られ、かっては、多くの参拝者が訪れたという。しかし、ただ救われることを願うだけで

  はなく、゛釈迦は人生の矛盾をどう解決したのか ゛を学ぶことも忘れてはいけないー庭の片隅に立つ文殊菩薩は、それとなくこうした思いを

  参拝者に語りかけているような気がしてならない。 


入船地蔵尊境内の石仏 
[ 小 樽 ] 追 慕 紀 念 「 渡 邊 幸 次 郎 君 之 碑 」

◆別ページへのリンク




    【 宗祖】 円光,東漸,慧成,弘覚,慈教,

       明照,和順,法爾大師 『法然上人』

        千体仏を迎える入船地蔵尊

         (佐渡渡来より三百年)

             全国から寄進の千体地蔵 (円内)




◆お知らせ

   ●平成31年1月  入船地蔵尊ブログを開設

      ●平成30年10月 入船地蔵尊フォトギャラリーを開設 

    ●平成30年7月~ 新潟島妖怪巡りスタンプラリーの開催案内

       ●平成30年7月  新潟湊元 渡来三百年「入舩地蔵尊例大祭」を開催


【入船地蔵尊 浄信院】の所在地

         〒951-8067

            新潟市中央区 本町通14番町3069番地甲

             浄土宗 入船地蔵尊 浄信院

                     TEL    025(222)5665

                        FAX   025(222)5665

 


◆浄土宗へのご案内 (画像リンク)